F邸 / 夏みかんの樹木剪定 

築50年ほど経つ古民家側に生え立つ夏みかんの木の剪定になります。
知り合いの方に紹介を受けお仕事として受け、暖かくなり初めのこの時期の作業にさせていただきました。
施主さまの木や草花、そしてご祖父母から継いだこのお家を大事に思う姿勢からご自身で「木に登らずにミカンの収穫と剪定をしたい」という要望を受け段々と高さを落としていく計画です。

アパートや駐車場が増え土や緑が少なくなる中、古くからの物事を伝え大切にすることは素晴らしいことです。
今後の夏みかんの木と場所の成長に期待が膨らみます。